FC2ブログ

ぽぜおくんの憑依日記

影2

彼らはただずっと、文字通りに岩陰の下でひっそりと佇む非力な存在であり続けていた。
もっと良い住み処があるぞ、と耳打ちしてきた主は既にこの世にいない。だが、彼らが故郷の岩陰に戻ることは決して無かった。新しい住み処は確かに良く動き、柔らかく、何よりも美味だった。岩などよりも余程甘美なその味を忘れることが出来なかったのだ。
愚鈍な他の種族達に手を貸す義理も無くなった今、残された彼らの目的はより良い住み処を漁ることと、道中楽しむこと。それだけだった。


続きを読む »

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

「魔物」という言葉が実質的な意味を失ったのは、彼らを統率していた存在が姿を消したからに他ならなかった。曲がりなりにも一つの意思の元に集っていた頃の様はどこへやら、今では欲望のままに見境の無い殺戮を行う害獣共を指し、人々は魔物と呼ぶのだった。
魔物達は各々近縁の種同士で群れを為す傾向にあった。かつては戦略上の理由から雑多な混成部隊を組まされていた彼らだったが、却ってこれが本来の姿と言えるのかもしれない。アラハド穀倉帯の巨鬼、サハ山脈の紅尾族、東王領の火喰蟷螂。依然として人間を脅かし得る群れは枚挙に暇が無いが、いずれもとある種族の集まりと比べれば些事にも等しかった。
魔王亡き今、人間が最も恐れたのは「影」。拠り所を持たない不死者の一団である。


続きを読む »

Top

HOME

ぽぜおくん

Author:ぽぜおくん
憑依・洗脳・寄生等、そこらへん関連のSSや雑記等を気が向いたら垂れ流していく予定です。毎度コメント・WEB拍手有難うございます。めちゃ励みになります。
(リンクフリーです。相互リンク募集中)

この人とブロともになる

QR